阪神・淡路大震災では

 平成7年1月17日の阪神・淡路大震災では、10万棟を超える家屋が倒壊し、6,400人を超える尊い命が犠牲となりました。
そのうち家屋の倒壊などにより圧死された方が、8割以上にのぼりました。



      

      
                   神戸市役所ホームページより転載





豊橋市では

 平成13年12月、国は中央防災会議の最終報告書において、豊橋市をはじめ愛知県内45市町村を震度6弱以上の地震が想定される地域としました。(震度6弱以上は耐震性の低い家屋では、倒壊するおそれがあります。

 東海地震と東南海地震が同時に発生した場合、愛知県内では家屋倒壊や交通機関への影響などにより、阪神・淡路大震災の約13兆円に匹敵する12兆円の経済被害が発生することが県がまとめた被害予測調査でわかりました。死者は2400人、揺れや火災を含めた建物全壊は15万棟に上るほか、6万6千人が負傷、78万人が避難所での生活を強いられるなど、深刻な被害をもたらすと予測しています。

  

   





デザインより大切なもの

 はやりの建築番組の仕業か、デザイン性の高い建築を好む声をよく耳にします。しかし大地震が予想されている東海地方では、耐震建築物の重要性が求められます。

 わたしたち建築士に課せられた法律である建築基準法は、『建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。』を念頭に施行されています。「格好はいいが、人の命も守れない建築は本当の建築じゃないっ!」と、わが社スタッフは断言します。デザイン性を否定するつもりはありません。ただ、デザインよりも大切なものがありますよねと言いたいのです。

 わが社には意匠設計室のほかに、構造設計室があります。意匠と構造のスペシャリスト達が日々切磋琢磨し、デザインと強さの調和の取れた建物を設計しています。






建物で地震に勝つ!

 木造住宅は壁によって地震の揺れに抵抗する構造です。しかし壁が多ければよいというわけではなく、壁を配置するバランスも重要です。より効果的な耐震性能を発揮するため、新築建物や耐震改修建物においても、建築基準法に基づいた木造住宅の壁量の計算を行い、『どの位置?』『どれだけ?』の壁量が必要かのチェックを行います。また、予想以上の揺れにも耐えうるよう、揺れに対する強さのオーダーもうけたまわります。

 地震による家屋の倒壊は老朽化も影響します。必要以上の老朽化の進行は、雨漏り、床下の湿気が原因となります。当たり前の事のようですが、そういった配慮のなされていない家屋を目にすることもしばしばあります。設計の段階で必ずクリアし、監理で確実なものにします。

 例え耐震性の優れた建物であっても、それを支える地盤が悪くては仕方ありません。地盤はそれぞれの敷地で異なるものです。当社では専門業者に必ず地盤の調査を依頼し、調査結果に基づきその土地にあった基礎や地盤改良を選択致します。










安心までの道のり


設計:必要な壁量のチェックを行い、設計図を作成します。

   

見積:信頼・実績のある複数の業者に設計図を渡し、
   見積を依頼します。
   お客様とのお話し合いの上、よりリーズナブルな
   業者を選定します。

   

契約:書面による契約書をかわします。

   

着工:工事が適切に行われているか監理いたします。

   

竣工:市の検査員や国が指定した検査員による検査は
   もちろん、出来上がったものが設計図との相違が
   ないか当社の検査も行います。






あなたの家は大丈夫?


塀や基礎にひび割れはありませんか?
→地盤が悪く、地震時には家が傾く可能性があります。
  
     基礎のひび割れ      コンクリートブロック壁のひび割れ


木が腐ったりシロアリの被害にあっていませんか?
→弱い所から潰れていきます。
  
      シロアリの被害         木材の老朽化

柱が傾いたりしてませんか?建具の建てつけは悪くないですか
→既に家が傾いています。
  
       柱の傾き        柱の傾き(下げ振りに注目)