あなたには、

「将来に渡り、大きな改修を行わずとも暮らせる建物づくり」

をお勧めします。

 補足説明 

障害、疾患の現在の状況と今後の予測から、今建物に必要なものと将来必要なものを区別します。さらに将来必要なものを、竣工後大きな改修を行わなければ出来ないものと少しの改修で対応できるものに区別します。新築時には、今必要なものと竣工後大きな改修を行わなければ出来ないものに対応した建物づくりをお勧めします。また、住宅金融公庫割り増し融資など活用できる融資、補助は活用しましょう。

「障害・疾患がある」>> 「新築」
File 1