あなたには、

「障害、疾患の進行状況を予測し、その人に合った最小限の改修」

をお勧めします。

 補足説明 

 何年先まで見通した改修を行うかがポイントです。今後、障害、疾患が予測通り進行するとは限りません。今必要なものと設定した何年か先までに対応した改修をお勧めします。また、介護保険など活用できる融資、補助は活用しましょう。

「障害・疾患がある」>> 「改修」
File 1