あなたには、

「高齢になった時に
     対応できる建物づくり」

をお勧めします。

 補足説明 

 今は若いから。と言って、将来のことを考えない建物づくりは、結果として財産の無駄使いにつながりかねません。将来、みんな必ず高齢者になるのです。内装改修、キッチン・浴室の改修、耐震改修など行うときに、同時に手摺用下地を入れておくなど高齢者対策を行えば、個々に工事を行うよりコストは安くなるはずです。高齢になった時に対応できる建物づくりをお勧めします。

「障害・疾患がない」>> 「改修」
File 1